カレーコンサルティングファームのカレー総合研究所

お問い合わせ
  • 事業案内
  • 実績紹介
  • カレー情報
  • 事業展開
  • カレーレシピ
  • 会社概要
  • 最新情報
事業案内
HOME > 事業案内 > コンサルタント紹介

コンサルタント紹介

カレー総合研究所 所長 井上岳久 TAKEHISA INOUE

 1968年生まれ、カレー業界を牽引する業界の第一人者。カレー大學学長

横濱カレーミュージアム・プロデューサーを経て現職に至る。横濱カレーミュージアムを立ち上げ、2002年11月にプロデューサーに就任し、入館者数減少に悩む同館を復活に導く。

 カレー研究の第1人者で、カレーの文化や歴史、栄養学、地域的特色、レトルトカレーなどカレー全般に精通している。全国のカレー店に幅広い人脈を構築しネットワーク化している。カレーミュージアムでは新店の実に8割の店舗を誘致し、石鍋裕や平野寿将などの有名料理人の店舗もコーディネートした。さらにレトルトカレーは全国から約1000種類以上を収集し知り尽くしている。スープカレーやフレンチカレー、白カレー、湘南カレー、バターチキン・グリーンカレー、スリランカカレーなどのブームを巻き起こしたことでも有名である。

 商品開発も定評がある。1000以上ものレシピを開発し、加工食品は大手メーカーを中心に100品以上を企画販売し、いずれもヒット商品になっている。

代表作としては、「デリープレミアムレシピ」(ハウス食品、レトルトカレー)、「横濱フレンチカレー」「黒カレー」(江崎グリコ、レトルトカレー)、「ザ・カレーパン」(ローソンオリジナル)」、「極みキーマカレーパン」(サークルKサンクス)」(山崎製パン、調理パン)、「究極の萬カレー」(小学館、冷凍カレー)などである。

2006年に独立しカレー総合研究所を立ち上げ、現在に至る。

 著書に、『カレーの経営学』(東洋経済新報社)、『一億人の大好物 カレーの作り方』、『国民食カレーで学ぶもっともわかりやすいマーケティング入門』『カレーの雑学』、『男に捧げるこだわりのカレーレシピ』(日東書院本社)、『無料で一億人に知らせる門外不出のPR戦術』(明日香出版)などがある。連載などの執筆も多数。

慶應義塾大学、法政大学卒。中小企業診断士。中小企業庁・地域観光資源活性化アドバイザー、各商工会議所及び商工会の経営指導員、経済産業省・関東経済産業局ネットワークアドバイザー(2011年、2012年)、農林水産省認定地産地消の仕事人。事業創造大学院大学客員教授、加須市観光大使、加須市観光ビジョン策定委員、「子供の食育」推進フォーラム実行委員、日本広報学会会員、関東ニュービジネス協議会正会員。昭和女子大学・現代ビジネス研究所 研究員。カレー大學 學長。

レトルトカレー担当/コンサルタント 八巻 宏 HIROSHI YAMAKI 1970年生、法政大学卒
井上のもと、横濱カレーミュージアムではレトルトカレーを1000種類以上を集める。
物流会社の役員であり、レトルトカレーの実際の流通を担当したことから、全国のレトルトカレーのメーカーとのルートを構築している。
レトルトカレーは井上とともに1000種類以上を食べ制覇している。
家庭カレーレシピ担当/顧問・コンサルタント フルタニ マサエ MASAE FURUTANI 親子の愛情カレーを得意とし、また海外赴任生活が長くスパイス料理にも長けた料理研究家。マダムマーサクッキングスタジオを主宰する人気料理研究家で、塩の第1人者でもある。
カレーミュージアムでも多くのカレーレシピを考案する。
カレー食べ歩き担当/研究員 一条 もんこ MONKO ICHIJYO 日本全国のカレー店を食べ歩くカレーマニアである。
学生時代より栄養学、調理学を中心に料理を学び、卒業後は食品企業の商品・レシピ開発に携わる。数多くのカレー店で武者修行。作ることから伝えることに魅力を感じるようになり、食べ歩きの傍らカレーイベントを企画運営、カレー教室を主宰。
カレーイベント担当/コンサルタント 小原江利子 ERIKO OBARA カレーに関する各種イベントの専門家。数多くのイベントを企画運営した実績があり、カレーのイベント経験も豊富。日本全国のカレーのイベントを調査研究しカレー自体の勉強を怠らず、カレーのイベント開催に向け、日々、カレー企画の技を磨いている。
カレープランニング担当/マーケティングプランナー 後藤 直哉 NAOYA GOTO 1973年生まれ。法政大学文学部卒。
大学卒業後、マーケティング・プロモーション会社に就職、一貫してマーケティング畑を歩む。
フリーランスのマーケティングプランナーとして独立し活躍中。マーケティング分野以外にも、消費者視点による商品開発、クリエイティブディレクターにまで領域を広げ、幅広い分野で活躍中。井上とともにカレーの企画を多数仕掛ける。
まちおこし担当/顧問 中島 淳 ATSUSHI  NAKAJIMA 株式会社カルチャーアットフォーシーズンス代表取締役、総務省地域活性化伝道師ほか。日夜、日本全国を東奔西走し地域振興に情熱をかける。
井上とは山形県遊佐町にて「遊佐カレー」プロジェクトを共にし、地域側の創意 創出、販売の仕組みづくりを担当した。
WEB企画担当/プランナー・デザイナー ムラタ ユカリ YUKARI MURATA 井上とともにカレー企画およびWEBプロモーションを提案・実施。
WEBを基盤としたプロモーション提案を得意とし、WEB・グラフィックを中心とした各種デザインを飲食はじめ各業種に渡り幅広く担当する。
飲食店カレーレシピ担当 岸 晃弘 AKIHIRO KISHI カレーうどんやパスタなどの各種麺の料理研究家。イケメン(麺)の若手料理研究家で注目株。「ミス日本式9品目食事良法」特別アドバイザーなどを経て、うどん研究の第1人者に帥事し、うどんを調理面からの研究を重ねる。2010年夏に「カレーうどん革新ラボ」の副ラボ長に抜擢され、数々の革新的なカレーうどんを創作し発表、各方面で注目を集める。
飲食店 コンサルティング担当 後藤 よしお YOSHIO  GOTOU インドカレー料理人。カレー大學、カレー大学院調理学専攻を卒業。インド料理専門店でマネージャー実務10年以上の豊富な経験と、インド料理専門スクール卒業した確かな知識とスキルを元に料理講習やカレーを中心としたスパイス料理の研究にも力を入れている。また移動販売車店舗を持ち各種イベントやオフィス街でのカレーランチの販売も行う。店舗実務の経験を活かしたカレー店専門に特化したコンサル業を現在準備中。
商品研究担当 中田 泰雄 YASUO  NAKATA カレー商品開発研究家、マルマン株式会社営業企画部長。カレー大學、カレー大学院歴史学専攻を卒業。日本が誇る調味料「みそ」の老舗、創業125年・信州みそのマルマン株式会社の6代目(予定)。普段は営業・商品開発・販促企画を担当。一人暮らしが長かったためカレーが好物でそれが高じてパッケージを含めたトータルの商品開発に興味を持ち、日々研究に没頭。専門分野はカレーの商品学。
ライティング担当 名久井 梨香 RIKA  NAKUI カレーに特化したフリーライター。カレー大學、カレー大学院社会学専攻を卒業。1989年生まれ、毎日カレーを食べるカレー愛好家で、多くのグルメサイトでカレーの連載を持つ。ぐるなびが運営する「ぐるたび」では全国各地のカレー店を調査している。取材を通じて、カレー店の方と交流できるのが強み。そのほか雑誌・新聞・ラジオなどのメディアにも出演。全国主要都市のカレーを訪問し研究している。全国の主要100都市のカレー制覇を目標に精力的に活動中。
カレー食育担当 中尾 真紀子 MAKIKO  NAKAO 食育に精通したスパイスの専門家。カレー大學、カレー大学院スパイス学専攻を卒業。大手企業プログラミング講師を経て、結婚後食のバランスの大切さを痛感し食の世界に飛び込む。食の研究を重ね、主に子供の食育の分野で活動。カレーはスパイスの力に魅了され、約5年前にカレー業界に入る。カレー大學、カレー大学院でスパイス学を専攻しプロの域まで極める。横浜市地産地消ビジネスで横浜野菜1日必要量の半分入ったスパイスカレーが採択されるなどの実績がある。
食べ歩き担当 山崎 三芳 MITSUYOSHI  YAMAZAKI スパイスカレーの研究家。カレー大學、カレー大学院食べ歩き学専攻を卒業。20歳の頃から飲食業に携わり、現場経験が豊富。カレー大學主催のインドツアーでインドカレーに興味を持つ。幾つかのカレー店で修業。現在も有名カレー店で修業中。主にカレーの調理、食べ歩きで活動しており、食べ歩きでは一日に4軒回ることも多々ある。世の中にカレー好きを増やすために日々奮闘中。
激辛食べ歩き担当 西原 麻衣 MAI  NISHIHARA カレーマニア。カレー大學、カレー大学院商品学専攻を卒業。激辛カレーマニアとして、10年以上にわたり国内外のカレー店の食べ歩きやレトルトカレー・辛味調味料のなどの商品の調査、文献研究を行う。また、中小企業診断士として、カレー市場の研究やカレーイベントの運営などに携わる。
その他、コンサルティングメンバーとして全国カレーの名店100店舗以上をネットワーク化。カレーを得意とする料理研究家約50人を組織化。
実績事例を見る 実績事例を見る 実績事例を見る 実績事例を見る 実績事例を見る 実績事例を見る